Padi Tabi

旅の記録や日々のこと。時々英語。

スポンサーリンク

ヌサペニダで泊まったホテル「Abian House」

今回ヌサペニダで泊まったホテルを紹介したいと思います。

 

 

Abian House

私は友達と部屋をシェアしたのでツインルームに宿泊しました。

一部屋、一泊約2700円でしたので、1人1350円です。

 

 

 

4部屋のみの小さなホテルなので静かで、庭が広くきれいに手入れされており、とてもいい所でした。

部屋の前の椅子に座ってのんびりするのがお気に入りでした。

f:id:paditan:20180314135101j:image

 

f:id:paditan:20180314135200j:image

 

f:id:paditan:20180314135218j:image

 

f:id:paditan:20180314135237j:image

 

島全体にも言えるのですが、本当に時間の流れが穏やかでのんびりしていて気持ちのいい場所。

 

 

家族で経営されているのですが、皆さんとっても親切で優しくいろいろと話しかけてくれます。

 

 

◯朝ご飯は何種類からか選べます。

オムレツ、目玉焼き+トーストや、パンケーキ等がありました。

 

 

私はバナナパンケーキがお気に入りでした。

東南アジアのパンケーキは薄め。日本のパンケーキとは違うけどこれはこれで好き。

f:id:paditan:20180314135408j:image

毎朝日替わりでフルーツも出してくれます。

 

 

 

 

 

◯モーターバイクのレンタルもこちらで出来ますし、今回は利用しませんでしたが、クリーニングサービスもあるそうです。

 

 

 

◯掃除は行き届いていて部屋も水回りもキレイでしたが、シャワーの水圧は弱めです。

時間帯によってほとんど水が出ない時もありました。

お湯は出ます。

 

 

 

◯ホテルのせいではないのですが、一度停電がありました。

日中だったのでそんなに困りませんでしたが、停電するとWi-Fiも使えなくなり携帯の電波もなかったため通信手段がなにもなくなります。

 

この時は一時間くらいで復旧しましたが、島ならではの経験でした。

(ちなみにこの後行くギリ島でも停電がありました)

 

私は旅行中はなるべく携帯やパソコンを使う時間を減らすように心がけているので、強制的に使えなくなるのもそれはそれでいいなーと思ってしまいました。

 

 

 

 

◯島の西側に見どころが多いので、こちらのホテルから西側に行く際は少し遠いかもしれません。

ただ、飲食店は島の北側に多くあり、こちらのホテルからもそう遠くなかったので食事の際は便利でした。

 

島の中央や南側に行くほど何もないので、そちらの方に宿泊すると夜出かけるのは難しいかもしれません。

 

 

 

 

◯港まで無料で送迎してくれます。

 

 

 

とにかく本当にホテルの人たちが優しくフレンドリーだったことが印象的でした。

レビューが良いのも納得です。

 

値段の割に大満足のホテルでした!!

 

 

ヌサペニダの観光

www.paditabi.com

 

 

 ヌサペニダへの行き方

www.paditabi.com

 

スポンサーリンク