Padi Tabi

旅の記録や日々のこと。時々英語。

スポンサーリンク

ウブドのホステルでベッドバグ(トコジラミ/南京虫)被害にあう!

2018年2月後半から2週間ほど、インドネシアのバリ島を中心に旅行をしてきました。

バリのウブド→ヌサペニダ→ギリ・アイル→クタという順番で回ってきたのですが、最初に訪れたウブドでなんとベッドバグ被害にあいました!!!

 

f:id:paditan:20180307154434j:image

 

 

 

 

ベッドバグ(トコジラミ/南京虫)って何?

みなさんベッドバグってご存知ですか?

日本語ではトコジラミ/南京虫と言うそうです。

私がその存在を知ったのはオーストラリア在住時代なので英語のベッドバグという言葉を先に知り、後から日本語を知りました。

 

 

・蚊のように吸血することで生きています

・刺されるとかゆみを伴い赤くはれ、腫れが引くまで人により2週間から1カ月ほどかかるそうです

 

 

詳しく知りたい方はググってみてください。

 

 

 

 

ベッドバグ被害にあう

初日は深夜にバリ島デンパサールの空港に到着したので、ホステルへ向かいすぐに就寝。

 

翌日の夜、イギリス人の友達とお店で飲んでいると右腕の二の腕がかゆい事に気付く。

やたら蚊にさされたな~なんてその時は呑気に思っていたのですが、翌朝起きてびっくり。

 

左の二の腕や足首付近、そして首元や顔も少し、何かに刺されたように赤く腫れている!!

 

Tシャツに長ズボンで寝ていたので、主に腕と足首を噛まれた様子。

 

 

刺されている量が尋常じゃないのでこれは絶対蚊じゃないし、アレルギー症状とも違う気がする。。

は!もしやベッドバグ!?と思いすぐにホステルの人に話に行くことに。

 

 

 

 

 

ホステルの対応

「1,2年ほど前にもベッドバグ被害がそういえばあった、

その時の人と同じ症状なので恐らくベッドバグだと思う。。」とのこと。

 

 

とても申し訳なさそうに謝罪され、今夜からすぐにベッドを変える、それでもまた被害が広がるようなら返金して近くの宿を紹介する、とのこと。

 

 

泊まっていたホステルは1部屋のみの男女混合の6人部屋だったのですが、

私のベッドだけでなく他の人のベッドも含め、シーツ、カーテンを取り外し全て洗濯。

 

マットレスも全て取り出し、バリの強烈な日差しの下で日光消毒していました。

(それで対策として十分なのかは分かりませんが)

 

 

私はベッドの上に置いてしまった衣類も念のため全て洗濯することに。もちろんバスタオルも交換してもらいました。

 

 

ベッドバグ被害にあったとホステル等に訴えてもうちのせいじゃない、知らない、等言われることもあると聞いたことがあったのですが、幸い私の泊まっていたホステルは皆さん本当にいい人で真摯に対応してくれました。

 

 

ベッドを変えてからは刺し傷は増えなかったので恐らくベッドが原因だったんだと思います。

そしてこのホステルから移動して以降は、腫れも増えなかったし時間の経過とともに腫れが収まっていったので、おそらくホステルが原因だったのは間違いないかと思います。

 

刺された虫の種類に関しては病院に行ってないので断言は出来ませんが。

 

 

 

 

かゆみも辛いけど見た目がひどかった

何が辛かったかというと、かゆみもそうですが特に両の二の腕がとんでもない数刺されてしまい、赤く腫れあがり見た目がひどいことになってしまったことです。

ノースリーブはしばらく着れませんし、Tシャツを着てても若干見える。

 

なにより水着を着る時が嫌でしたね。。

でも開き直ってその後ビーチでは着てましたが笑

 

 

現在、2週間少し経ってかゆみはもう全くなく、腫れもほとんどひいてあとは傷跡がキレイに消えてくれるといいな、という感じです。

アットノンでも買ってみようかと思います。

 

 

 

 

感想

今回泊まったホステルが清潔ではなかったかと言うとそんなことはなく、

部屋の掃除もこまめにされてましたし、もちろんシーツ等肌に触れるものは宿泊客が変われば交換していました。

むしろ掃除には気を使っていた印象でした。

 

 

ただ、バックパッカーの中にはあまり清潔でない人もいるらしく、毎日シャワーを浴びない人や、衣類を洗濯をしない人、バックパックをベッドに乗せる人もいてどれだけ気を付けていても誰かがベッドバグを連れてくることがある、とのこと。

 

 

特に、ギリ島など島帰りの人はあまり清潔でないこともあるので(確かにギリは安いとこだとシャワーが海水だったり、お湯が出ない)気を付けているが、防ぎ切れなかったのかも、と話していました。

 

 

 

ホステルにはバックパックで節約旅行をしている人が多く泊まり、もちろん=不潔ということではないですが、中にはあまり清潔ではない人がいるリスクが、価格高めのホテルよりも高いのかもな、と思いました。

 

 

これも一つの経験だと今は思っていますが、二度と被害にはあいたくないですね笑

 

東南アジアに限らず、北米なんかでもベッドバグ被害はあるそうです。

Booking.com等でホテルのレビューを見ているとBedbugというワードが出てくる場所もあるので、そういうところは避けた方が無難ですね。

 

 

そんなこんなで中々苦い旅の始まりとなりました。

 

 

スポンサーリンク