Padi Tabi

旅の記録や日々のこと。時々英語。

スポンサーリンク

ホイアンが好きになった日【ベトナムひとり旅】Day4③

Coconuts villageとクアダイビーチですっかり癒され、エネルギーチャージされた気分でホテルに戻りました。

 

水着を着ていたのでそのままホテルのプールに行き、クールダウン。

  

夕飯は近くのバインミー屋さんで簡単にすませることに。

 

 

今日はいい気分だったのできっと楽しい日になるはず、という謎の予感があったので

20時頃夜の旧市街に出かけることに。

 

気の向くままランタンの街をブラブラ。

 

 

やっぱりライブバーが好き

というかね、音楽が好きなんです。1人でクラブに行く勇気はまだないし(そもそもホイアンはクラブって感じではない)、BGMの音楽だけは寂しいので必然的にライブバーがベストな選択肢。

 

 

ナイトマーケットを歩いていると、2日前に行ったのとは別のライブバーを発見。

こちらは男性ボーカルと男性ギターの2人組。歌声に惹かれ入ってみることに。

 

 

ビールを注文。

f:id:paditan:20170926144042j:image

室内に座っていたのですが、ドアがないので風が気持ちいい。何度も言いますが東南アジアのこういう建物大好きです。

 

 

バンドからすぐ近くの席に座っていたので、時々ボーカルのお兄さんと目が合う。

 

その度お互い自然と笑顔に。歌が上手なのはもちろん、とても楽しそうに歌っています。ハッピーな人だなぁ。連られて私もハッピーな気持ちに。

 

 

ブレイクタイム

途中、ライブは一旦休憩に。ぼーっとビールを飲んでいたらボーカルの彼がどこから来たの?と話しかけてくれました。

 

性別、国籍関係なく出会ってすぐ気が合う、話していてなんか楽しい人っています。

フィーリングが合う、って言うのかな。この彼にもそういう感覚を持ちました。

 

 

ベトナムではない、東南アジアの別の国出身なんだけど、ホイアンに1年半近く住んでいるそう。以前もタイやカンボジアなど気の向くままに色んな国に住んでいて、ミュージシャンとしてライブバーで歌っているとのこと。

 

なんて自由なんでしょうか。自分の好きなことを仕事にしながら、その時の気持ちのままに従ってシンプルに生きているんだなぁ。

 

東京で働いている時は、自然と空気読んだりつい我慢したりしがちな自分がいました。 

だけどこんな生き方もあるんだなぁ。こんな風にシンプルにハッピーに私も生きたいのかも、とヒントをもらった気分。

 

 

その後、ギターの彼を紹介してくれました。こちらの彼はヨーロッパの方の出身とのことで、もう7年くらいホイアンに住んでいるそう。すごい!

 

 

Live再開

その後、彼らはライブに戻ります。

 

この日はバンドの近くに座っていたのは私くらいだったこともあり、リクエストを聞いてくれます。 

 

一曲終わるごとに聞いてくれて、もはや私のためのライブみたいに途中からなってきました笑 なんてラッキー!

 

すると、突然ベトナム人のおじさんが登場して置いてあったパーカッションをたたき出します。

 

こういうやつ

f:id:paditan:20170926144619j:image

 

 

ん?誰?

急に乱入してきて馴染んでるけど自由すぎる笑

 

後で話を聞くと、前日も来ていたお客さんらしく、昨日も飛び入りで一緒に演奏したそう。

それにしてもスッと来て、スッと参加してバンドのお兄さんたちも普通に受け入れてるし、面白い。ゆるくていいなぁ。

 

このベトナム人のおじさんは日本語と英語が話せて、いろいろと私に話しかけてくれました。すっごくよく話す愉快な人。

 

ホーチミンから仕事で来ているらしく、ホーチミンに来るときは連絡してねとのことで連絡先を交換。

 

演奏が終わり、そろそろホテルに帰ることに。

明日もまたライブやってる、とのことでまた来るよー!と約束。

 

色んな人と出会えて、全部心踊る出会いで、やっと心の底からホイアン楽しい、好きだよ!って思えたこの日。

昨日とはうって変わって今日は気持ちよく眠りにつけそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク