Padi Tabi

旅の記録や日々のこと。時々英語。

スポンサーリンク

アンバンビーチとクアダイビーチ比較 Day4② 【ベトナムひとり旅】

Coconuts villageの後、地図を見るとクアダイビーチまで近そうだったので行ってみることに。

 

 

目次

 

 

Coconuts villageについてはこちら

www.paditabi.com

 

 

  

 

 

 

クアダイビーチ到着

自転車で15分程度で到着。

ビーチのすぐ近くまで行くと、小さな屋台が少しだけ出ています。

そこに自転車を止めると集金のおじさんがやってきました。10,000ドン(日本円にして50円ほど)

  

自転車のサドルにチョークで番号を書かれ引き換えの紙を渡されます。

 

 

 

クアダイビーチの飲食店は? 

アンバンビーチと同様にビーチ沿いに飲食店が並んでいます。

前を通ると声をかけてきますが、そんなにガツガツしていないです。

 

ちなみに水着等を売っている小さい商店もありました。

 

私は駐輪場からほど近いこのお店に入りました。

Restaurant Khai

この道沿いにお店が並んでいます 

 

 

こちらもアンバンビーチ同様、食事や飲み物を頼めばビーチチェアに無料で座れます。

 

海も空もキレイ

f:id:paditan:20170923235653j:image

 

青い

f:id:paditan:20170923235717j:image

 

フォーとマンゴーシェイクを注文

f:id:paditan:20170923235758j:image

マンゴーシェイク感動のおいしさ

 

ちなみに、全てをチェックしたわけではないですが、見た所どこのお店もシャワー完備のようでした。

 

 

 

侵食に関して

実際に進んでいるところもあり、砂袋を積み上げているような場所もありましたが一部のみです。

 

写真の様にアンバンビーチと変わらず、十分に楽しめる砂浜の広さの場所もあります。

(2017年9月上旬に訪れたので本格的な雨季に入ると変わるかもしれません)

 

裸ん坊で遊ぶ地元の子供たち。かわいい

f:id:paditan:20170923235854j:image

 

アンバンビーチより波が激しい

f:id:paditan:20170923235935j:image

 

 

 

 

アンバンビーチとの違い

  • 観光客がとにかく少ない。ビーチチェアを使っているのは数えられる位の欧米人だけ。(旧市街に多くいる韓国人は全くいない)
  • 波が激しい。2日連続で海に行き、同じ様な天候でしたが、クアダイビーチは波が激しいせいか砂混じりの様な色。アンバンビーチのが穏やかでキレイな青に見える。
  • クアダイビーチの方が人がガツガツしてない。アンバンビーチであったような、お釣りのごまかしや駐輪場での小さなぼったくりのようなことは一切ない。
  • 飲食店はアンバンビーチのがオシャレ。クアダイビーチは昔懐かしい日本の海の家のような風情。

 

 

 

 アンバンビーチについてはこちら
www.paditabi.com

 

 

 

感想 

クアダイビーチは少し寂れたビーチという印象を受けました。

ただ、今回私が1人だったせいもあるのか、リゾート感が強くグループやカップル、家族連れが多いアンバンビーチよりクアダイビーチの方が落ち着きました。

 

人目を気にせずのんびり出来る場所です。

 

アンバンビーチにはバナナボートやパラセーリング等もありましたので、友達や家族で楽しみたい方はアンバンビーチのがいいと思います。

 

私はまた1人でどちらかに行くとしたら、クアダイビーチに行くと思います。

 

 

 

スポンサーリンク