Padi Tabi

旅の記録や日々のこと。時々英語。

スポンサーリンク

アンバンビーチはビーチリゾートだけどぼったくりに注意 Day3①【ベトナムひとり旅】ホイアン

ホテルで軽く朝食をすませた後、今日はホテルで無料自転車を借りてアンバンビーチへ行くことに。

 

 

アンバンビーチへ

  

ほぼ一本道なので方向音痴な私でも迷わず辿り着けました。

自転車で旧市街周辺から20~30分程。

 

中心部は車とバイクが激しいのでドキドキしながら運転。

ベトナム人みんな暴走族みたいに運転が激しい。クラクション鳴らしまくるし。

その度ビクビクしながら、1人ゆっくり安全運転で行きました。

 

 

市街地を抜けると一気に田舎に。

f:id:paditan:20170920153146j:image

 

旧市街の喧騒から離れてこういうの待ってたよ~!

空の青と緑が目に染みます。

f:id:paditan:20170920153207j:image

 

f:id:paditan:20170920153229j:image

ずーっと田んぼが広がっていて田舎の原風景とでも言うのでしょうか。郷愁を覚えてなんだか胸が切なくなります。

 

 

途中水牛に乗ってかない?とおじさんにニコニコ話しかけられました。

なんだかとってもいい人そうでしたがお断りして進みます。

 

 

私を車で追い抜いていくベトナム人の男の子たちが、窓からピューピュー言ってきます。

1人で自転車乗っているとけっこうこういうのありますw

 

 

 

アンバンビーチ到着

アンバンビーチにはビーチ入口にちゃんと駐輪場があるのですが、そんなことは知らない私は手前の方でおばさんにつかまります。

 

いや、でもあきらかにビーチまでまだあるし、歩きたくないし、

ここは振り切って先へ進みます。

 

すると今度は男性がほぼ目の前に立ちはだかるようにして止めてきます。

ここに止めろ!というようなことを言ってきます。邪魔だし前進めないし。

 

めんどくさくなった私はそこに止めることに。←これがダメ

f:id:paditan:20170920153443j:image

そこからもう少しビーチに向かって歩くと、大勢の観光客がとめている、ちゃんとした駐輪場がありました。

 

こっちが正解だったのか。。まぁいいやもうとめちゃったし。

 

 

ビーチ沿いはレストランだらけ

正直、どこも同じに見えます。

 

どこでもよかったんですが人気店のようだったのと、Live Musicの文字にひかれてこちらのお店へ。

(暑くてさっさと日陰に入りたかった)

Soul Kitchen Beach Bar and Restaurant

 

でもLive Music夜だけみたいです。そして毎日あるわけではないようです。

 

 

席は空いている場所、どこに座ってもいいようなのでビーチチェアに座ることに。

 

こんなビーチチェアがどこのお店もずっと並んでます。

f:id:paditan:20170920153729j:image

 

私は11時過ぎには着いていたのですが、12時過ぎるころにはビーチチェアはいっぱいだったので座りたい方は早めに行くことをおススメします。

 

 

アンバンビーチ思った以上にリゾート!!

 

f:id:paditan:20170920153802j:image

そして海キレイ!!!

f:id:paditan:20170920153827j:image

 

 f:id:paditan:20170920153844j:image

天気も関係あるのかもしれませんが、昨年訪れたタイのサムイやパンガンよりキレイな気がします。

期待以上の透明度でした。水温高めです。

 

お店の客層は韓国人のグループが数組と後は欧米人。

1人でいる人はほぼいません。

 

ビーチチェアでダラダラ。本読んだり、iphoneで音楽聞いたり、寝てみたり。

天気もよくて最高。気持ちよすぎる~

 

日陰でもめちゃくちゃ焼けるので日焼け止め必須です。

 

 

ランチ

f:id:paditan:20170920154002j:image

海老と野菜の焼きそばみたいな。味は普通

 

f:id:paditan:20170920154101j:image

ビーチチェアからもオーダー出来ます。

 

 

たまに海に入ってまたダラダラ。

こちらのレストラン、シャワーがあったのですぐ浴びれて便利でした。

 

 

 

14:30頃、そろそろ帰ることに。

 

 

お釣りちょろまかされた・・・?

いざ、お会計。ここでですね多分私お釣りをごまかされました

本当は50,000ドンのお釣りのところ5,000ドンしかもらえませんでした。

 

すぐに確認しなかった私が悪いのですが、一度しまってから、ん?と思って改めて確認してみると足りない。

 

ただ今さら言うのもな、、と結局言えませんでした。(へたれ)

0が多くて分かり辛いのでわざとやってるのか、真相は分かりませんが。

 

 

うん、ちょっと不快な気持ち。私が悪いんですけどね・・

私のような間抜けはいないと思いますが、こちらに行かれる方は一応お気をつけ下さい。ていうか、どこも似てるから他のお店に行ってもいいと思います。

 

 

ホテルに戻る

 

さて、気を取り直して駐輪場に向かうと、半ば無理やり止めさせられた駐輪場のお兄さんが1ドル要求してきます。(約20,000ドン)

 

ビーチにいる間に10,000ドンが相場と調べていたので、

高い!と言って10,000ドンだけ渡したらすぐに引き下がりました。

 

とりあえず一回はぼったくれないか試してみるのね、あなたたちは。

 

そんなこんなでキレイで気持ちの良かったアンバンビーチですがじゃっかん苦い思い出も。

よく考えたら数十円、数百円のことなんですがこういうのって気持ちの問題なんです。

 

f:id:paditan:20170920154346j:image

 

Day3②に続く

 

スポンサーリンク